ニュース

暗号通貨取引所のBitstamp、現金取引市場操作に対する技術を公開

Pocket

もっとも古い暗号通貨取引所の一つであるBitstampは、機関投資家の関心を集めることを目的として、その武器である技術をアップグレードしています。

同取引所は木曜、市場操作や疑わしい行いを監視するためにIrisium Surveillanceプラットフォームを実装していると発表しました。主流な金融市場と一部のIrisiumのユーザーへ技術を提供するCinnoberとの最近の提携に続き、BitstampはAsia Pacific Exchange (APEX)などの団体が違法な行為を検出するために利用しているツールを導入しようとしています。

「我々は長きにわたり暗号通貨に力を注いできました」と、BitstampのCEOであるNejc Kodricは発表の中で述べました。「我々の望みは、真の需要と供給を反映した、公平で秩序ある市場を保証することです。市場操作防止のための最新技術を調査することは、この業界が成熟するにあたり必要不可欠なことです。」

Irisiumのウェブサイトによると、同社は、市場乱用規制(MAR)、卸売エネルギー市場の整合性と透明性に関する規制(REMIT)、金融商品市場命令(MiFID)などのヨーロッパの規制要件の遵守や操作行為を監視するためのツールを供給しています。

「このシステムが提供するツールと分析データによって、監視官はすべての取引を特定、追跡、調査することができるようになります」とウェブサイトには書かれています。

IrisiumのCEOであるAlastair Goodwinはその提携について以下のように述べました。

「BitstampによるIrisiumの積極的な導入および我々との緊密な関係は、暗号通貨市場における透明性、整合性、確実性の強化を同社が望んでいることを示しています。…強化された顧客の保護と市場の整合性は、市場の流動性と普及を推進することの助けになるでしょう。」

今月初旬、Bitstampは自社の取引エンジンを、ロンドン金属取引所のような団体へ技術を提供している企業であるCinnober製のTRADExpressに置き換える意志があることを公表しました。

これはBitstampにとって、自社のプラットフォームを改良して更に機関投資家にふさわしいものにするための努力のうち、ほんの第一歩に過ぎないと、Cinnoberの暗号通貨・ブロックチェーン部門の責任者であるEric WallはCoinDeskに述べました。

次のステップは、こちらもCinnoberとの提携のもとに、Bitstampが自身の取引のための事実上のクリアリングハウスになることだとWallは付け加えました。

この記事の翻訳元
Crypto Exchange Bitstamp Rolls Out Tech to Spot Market Manipulation – CoinDesk

Pocket

関連記事