ニュース

TransferWise「我々はもっと多くの銀行がリップルを利用するまでブロックチェーンは使わない」

Pocket

著名な送金サービスであるTransferWiseはリップルの国際的決済ソリューションの成長に関する熱狂にも関わらず、まだ、ブロックチェーン技術を利用して業務を行うに値するケースではないとみなしています。TransferWiseの会長であり共同創立者であるTaavet Hinrikusは、最近フォーチュン誌に対して、ブロックチェーンによって創出される可能性に対する熱狂は存在するが、その運営上の現実は、それ自体の新たな一連の課題を提示すると述べました。

熱狂と現実

Hinrikusは、フォーチュンの「台帳の調整」の新しいエピソードで、ロンドンを拠点とし現在70カ国以上で送金を行っているTransferWiseは、ブロックチェーンを基盤とした送金というアイデアを原則支持しているが、それは既存のフレームワークに比べてより処理しづらいものだと述べました。 その結果、国境を越えた取引を1.5%の手数料で高速に処理することによりSWIFTを抑制している同社は、近いうちにブロックチェーン技術を採用することで生じる利益はほぼないと見ています。

その理由を説明しながら彼は以下のように述べました。

「私たちはこの夢をいろいろな人から何度も聞いてきました。 しかし、それを丹念に検討してみると、紙の上では大きく見えるかもしれませんが、実際には、それを利用するのは本当に難しいことに気が付くでしょう。 私たちはさまざまなブロックチェーン技術を検討しましたが、私たちの業務をより安価に、より高速にできるものはまだ見つかっていません。」

高価なSWIFTネットワークを回避する新しい方法を発見したフィンテック企業の増加によって、ブロックチェーンによる送金は他の新興代替技術と比較して競争力が低下しています。 ブロックチェーンフレームワークの実装を検討しているフィンテック企業は、転換価値あるものにするため、顕著な利点をますます多く必要としている、と彼は言いました。

リップルの現在のパートナーネットワークには感心しない

Hinrikusによると、TransferWiseはリップルの国境を越えた高速な決済ソリューションであるRippleNetの調査を行ったことがあり、現在の採用水準を考えれば、それを使用する魅力的な理由は見つかりませんでした。

その理由を説明しながら彼は以下のように意見を述べました。

「世界のすべての銀行がリップルネットワークを経由すれば、それはすばらしいことになるでしょう。 しかし、現在リップルを使用している銀行はいくつありますか?そのリストは非常に短いですね。 そういう意味で、私たちはリップルや他の暗号通貨の大きな支持者です…そして、もしその内のどれかが十分に使用されていれば、実際に私たちが物事をより安く早く行うことの大きな助けになるでしょうから、それを望んではいるのですが、今までそのようなものは見つかっていません。」

CCNは、6月に、Western UnionのCEOであるHikmet Ersekが、XRPの試行を実施した後、リップルへの切り替えに全く興味がないことを表明したと報じました。 Ersekは、この試行の結果、国境を越えた決済手段としてXRPを使用するために既存のシステムの全面的な見直しを行う理由となるような、実質的なコスト削減は示されなかったと述べました。

この記事の翻訳元
TransferWise: We Won't Use Blockchain until More Banks Use Ripple

Pocket

関連記事