仮想通貨の基礎知識

スマートコントラクトっていったい何? その概要や仕組みを徹底解説!

Pocket

皆さんは「スマートコントラクト」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 仮想通貨やブロックチェーンについて調べるとき、よく見かける単語ではあるでしょうが、その詳しい意味についてきちんと理解している方は案外少ないのではないでしょうか。

以前から概念として存在はしており、いくつかの活用例もあったものの、ここ最近で大きな発展を見せているスマートコントラクト。その概要や仕組みを今回はご紹介していきたいと思います。

スマートコントラクトとは?

それではまず手始めに、スマートコントラクトとはいったいどんなものなのか、簡単な概要をご紹介していきましょう。

スマートコントラクト、英語で表記すると「smart contract」。直訳すると「賢い契約」という意味になります。それではここで指す「賢い」というのはどういう意味合いでしょうか?

1994年、スマートコントラクトという考えを提唱したNick Szabo(ニック・スザボ)はこの「賢い」を「出来る限り自動化された」という風に考えました。ということでスマートコントラクトとは、簡単にいうと「自動化された契約」を意味します。

また、この「自動化」というのは原則コンピュータを用いるものとなっています。ここで複雑な計算を用いる・あるいはその中間を隠すことで、契約に際する信用情報を担保する、というカラクリとなっているのです。

従来の契約には、原則としてその契約を仲介する人・企業が必要となっていました。例えばジュースを販売するとき、通常は飲料会社から直接販売するのではなく、小売店という信頼できる仲介業者を挟み、金銭の授受などを手動で行い販売することとなりますね。

また、これがもっと大きな契約となったとき、大抵は書面のやり取りや押印・署名などが必要となります。この中間に必要な手間は、従来では非常にコストを食うものとなっていました。

それに対するスマートコントラクトの最も簡単な例として、Nick Szaboは自動販売機を自身の論中で述べています。「コインを投入し、好みの商品を押す」という流れを踏んだあとは自動で契約が進行する、これこそ最も簡便なスマートコントラクトといえるでしょう。

スマートコントラクトは、さまざまな契約を簡便化しコスト・時間を削減する、とても便利な考え方なのです。

スマートコントラクトの仕組み

それでは、スマートコントラクトはいったいどのような仕組みで進行していくのでしょうか。この流れには、大まかに分けて4つのステップがあると考えられます。

まず1つ目のステップは、「契約の事前定義」です。ここのみはスマートコントラクトにおいて人の手で行う必要があり、ここで契約に関する両者の合意、どのような契約を行うかを規定します。

そして2つ目、「イベント発生」が行われます。ここも一部は人の手によって行われますが、往々にしてコンピュータが担うことも多いといえるでしょう。ここでトリガーが引かれ、契約が実行されます。

次に3つ目、「契約執行&価値の移転」が続きます。ここは完全にコンピュータによって行われ、財とサービス間の交換、信用情報の担保などが実行されます。いわば契約の花形、キモとなる部分ですね。

最後に4つ目、「決済」が行われます。ここでコンピュータが代わりに担保していた信用や財が消費者側のユーザーへと請求されます。これが完了することで、初めて「契約が完了した」という状態になるのです。

もちろん、これは概要ですので、各ステップの中でどのようなことが行われているか詳しくは述べていませんし、いろいろな契約に応じてその内容も少しずつ変わっています。

ですが、全体としてこのような流れを持ちながらスマートコントラクトは進んでいる、ということを覚えておいて損は無いでしょう。

おわりに

今回は、スマートコントラクトという仕組みについて、駆け足でしたが概要をご説明しました。

このスマートコントラクトは現在非常に広がっている仕組みで、今広がりつつある仮想通貨取引やブロックチェーン技術などの礎となっているもの。このような非常に近代的なシステムが、1990年代にはもう提唱されていたというのですから驚きです。

もしかしたら、現在提唱されてはいるものの実現不可能とされている技術も、いつの日か実現するのかもしれません。スマートコントラクトという仕組みを通し、筆者はそんなことを感じた次第でした。

Pocket

関連記事