ニュース

日本の企業が海上保険のブロックチェーン試験成功を発表

Pocket

日本最大の保険会社、東京海上日動火災保険会社とNTTデータが、海上貨物保険申請書のブロックチェーン化の実験に成功。
東京海上日動は、水曜日のプレスリリースで、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど8件の海外損害支払代理店や調査員がブロックチェーンのPoC(proof-of-concept概念実証)を利用していると発表しました。
プロジェクトの主な目標は、海外にいる関係者と「迅速かつ正確に」必要な情報を収集して共有するシステムを提供することにより、より迅速な保険支払いを達成することでした。

現在、海上貨物保険請求の手続は、代理人が損害報告書、請求書、保険書などの必要書類を紙形式またはPDFファイルで収集し、メールで調査員に送信しています。この遅い非効率的なプロセスを改革するために、両社はこの実験は必要な情報(貨物への損害写真などの大きなファイルを含む)を迅速に代理店や検査員と共有することをできると述べました。
ブロックチェーンシステムは最終的に、保険支払い期間を1ヶ月以上から「最大で1週間」に短縮することを可能にしました。

「このPoCを通じて、海上貨物保険請求手続におけるブロックチェーン技術の効率性を確認できました。」と東京海上日動社が述べました。

両社は昨年10月にこのプロジェクトを発表し、2017年11月から2018年8月にかけてこの試験を実施していました。両社は今後もプラットフォームの開発を続け、2019年度には技術の「実用化」を高めるとしています。

この記事の翻訳元
Japanese Firms Claim Success in Marine Insurance Blockchain Trial – CoinDesk

Pocket

関連記事