ニュース

韓国の弁護士団、政府に対しブロックチェーン規則の策定を要請

Pocket

韓国の弁護士管理団体が政府にブロックチェーン規制の導入を急ぐよう要請しました。

木曜日のロイターの報道によると、韓国弁護士協会は、国内におけるテック業界の発展と投資家の保護のために、韓国政府はブロックチェーン規則を「急いで」策定すべきだ、と述べました。

韓国弁護士協会会長のKim Hyunの以下の発言が引用されていました。

「我々は政府に対し、ネガティブに考えて躊躇するのを止めて、ブロックチェーン業界の発展と促し、暗号通貨に起因する副次的影響を防ぐために法案を策定するように求めました。」

しかし、報道によると、政府はその技術を十分に調査してからでないと決断を下さないようです。現在、国内の金融監視機関と協力して状況の調査が進行中であるとロイターは報じています。

7月、国内の金融監視機関である韓国金融委員会(FSC)は、主に暗号通貨とブロックチェーンに特化した部門を新設しました。金融革新局と称されたその部門は、業界における政策決定の構想に重点を置いて設立されました。

また7月に、FSCの上級管理者が政府に対して、業界における緩いセキュリティ規制に反対するために、国内の暗号通貨交換を規制する法案を急いで通過させるように求めました。

同時に、韓国のいくつもの政党の党員が、暗号通貨、ICO、ブロックチェーンを規制する法案を数多く提案する見込みであると報じられています。しかし、これまで、政府側には何の動きも見られません。

明確なルールがないことが、司法権の外で運営される国内の暗号通貨取引所が増えている原因にもなっていると、今日のコリアタイムスに報じられています。

今年の夏には、ブロックチェーンにまつわる法的な問題について議論するため、裁判官・議員・専門家で構成される新しい団体Blockchain Law Societyが結成されました。

この記事の翻訳元
Korean Lawyers Urge Government to Draw Up Blockchain Rules – CoinDesk

Pocket

関連記事