ニュース

カナダ国境サービス庁、海運業向けIBMのブロックチェーンのテストを開始

Pocket

カナダ国境サービス庁(CBSA)は、カナダで二番目に大きな港と共同で、海運業を能率化するためのブロックチェーンソリューションを試行します。

CBSAはモントリオール港と共に、IBMとデンマークの海運大手A.P.モラー・マースクグループが開発したTradeLensと呼ばれるプロジェクトの試験を行うと、カナディアンプレスが木曜日に報じました。このプロジェクトは、輸送に伴う書類仕事の量を減らすことを目的としています。

去る8月に開発されたこのプロジェクトは、「電子媒体で日程調整し書類で記録する、コンテナを追跡しつつ請求書を作成し決済を行う」過程をデジタル化することで海運業界を近代化することを目的としており、今年の終わりには全体の市販が開始される予定です。

プレスリリースによると、CBSAの長官であるJohn Ossowskiは、このプロジェクトについて「カナダに入ってくるすべての貨物にとって唯一、信頼のおけるデジタルサプライチェーンである」と述べています。

このプロジェクトは、アメリカにおいて特定の貨物の輸送時間を40%減少させ、何千ドルものコストを削減したと主張しています。

マサチューセッツ工科大学の輸送・物流センターのブロックチェーン調査チームを率いるInma Borrellaはカナディアンプレスに対して、このプロジェクトの主たるハードルのひとつが、共に働く競合相手を得ることだと述べました。

「とりわけ海運はテクノロジーの導入がとても遅れています。それが障壁となっているのです」と彼女は説明しました。

CBSAはこのプロジェクトに参画している90の機関のうちのひとつとなり、オーストラリア・オランダの税関当局や、ハリファックス・シンガポール・ロッテルダムの港と提携します。

この記事の翻訳元
Canadian Border Services Begins Testing IBM Blockchain for Shipping – CoinDesk

Pocket

関連記事