ニュース

Alibaba Cloudのブロックチェーンサービスが中国以外でも利用可能に

Pocket

中国最大のオンライン小売業者Alibabaのクラウドコンピューティング部門は、海外までブロックチェーンサービスを拡大と発表しました。

Alibaba Cloudは声明では、ブロックチェーンサービスは、米国だけでなく、ヨーロッパや東南アジア諸国でも利用可能であることを明らかにしました。

「中国のお客様はすでにBaaSプラットフォームの経験しており、これを更に世界中の他の企業顧客に提供できることを嬉しく思っています。」とプレスリリースで記載されました。

サービスとしてのAlibaba Cloudのブロックチェーンは、Linux Foundation関連のHyperledger Fabricブロックチェーンアプリケーションだけでなく、Ant Financialが開発されたAnt Blockchainもサポートします。昨年10月に正式に開始されたAlibabaが一部のアプリケーションにブロックチェーンサービスをサポートしています。例えば、スマートコントラクト、コンソーシアムブロックチェーン管理、自動展開とさまざまなソフトウェア開発キットアプリケーション。

ビットコインではなくブロックチェーン

Alibabaの創業者であるにもかかわらず、ジャック・マーは彼のアンチビットコックスとして知られています。でも、オンライン小売業者はブロックチェーン技術について大きな信者です。馬によると、分散型台帳技術は、悪影響を排除しながら、キャッシュレス社会を実現するために活用できます。

「私はキャッシュレス社会とブロックチェーン技術に特に注意を払っています。私とアリババの仕事は、世界をキャッシュレス社会に移行させることだ」とCCNは最近、マーが言っていると述べました。 「社会はすべての人を平等にすることができます。必要な資金を手に入れ、資金の手入れ方が透明であることを確認できれば。私は腐敗を嫌う。私は機会がなくてもいいです。しかし、誰かが汚い方法で私の機会を奪うことは嫌です。これは私たちがキャッシュレス社会を望んでいる理由です。」

すでに、Alibabaは分散型台帳技術の研究開発に多額の投資をしており、先月初めに報告されたように、2017年に全世界のブロックチェーン特許の10%以上を提出しました。

報告書によると、2017年に406件のブロックチェーン特許が発行され、そのうち43件がAlibabaによってオンライン検索エンジンBaiduやTencent Holdingsなどの中国の技術大手と提携された。

偽造品対策

Alibabaがブロックチェーン技術のアプリケーションを適用している領域の1つは、偽造防止の観点から食品のトレーサビリティを強化することです。例えば、2017年、オンライン小売業者は、郵便事業会社Australia Postと自然保健会社Blackmoresと提携し、分散帳票技術を使用して、本物の食品のみがオーストラリアから中国に出荷されるようにしました。

さらに、Alibabaの物流子会社であるLynx Internationalは、輸送事業にブロックチェーン技術を適用しています。

この記事の翻訳元
Alibaba Cloud’s Blockchain as a Service Now Available Outside China

Pocket

関連記事