アルトコイン

MUFGコインとはなにか?実用化すればキャッシュレス化が進む?

Pocket

皆さんは「MUFGコイン」という仮想通貨を聞いたことがありますか?MUFGコインとは、三菱UFJ銀行がブロックチェーンを用いて発行した独自の仮想通貨のことを指します。

これには円と同等の価値(1コイン=1円)があり、決済や割り勘など、幅広く利用されることを想定しているのだとか。ということでここでは、MUFGコインが本格的に実用化すれば私たちの生活はどう変わるのかについて、考察していきます。

MUFGコインの目的とは

MUFGコインが作られたのは、決済や割り勘など、あらゆる支払いで利用されることが目的です。最近、仮想通貨は買い物など決済に利用するのではなく、投機の傾向にあるもの。

なぜなら、日本には円などの法定通貨が存在するため、わざわざ仮想通貨を用いる必要は無いからです。事実、仮想通貨を所持するユーザーは、買い物目的に仮想通貨を持つのではなく、投機目的で購入することが圧倒的に多いのです。

しかし、このMUFGコインは先ほど説明したように、支払いへと利用されることがそもそもの目的。ここに、投機へと用いられることは想定されていません。

なぜなら、MUFGコインの価値は日本円と同等の価値(1コイン=1円)に固定されているからです。つまり、日本円と同じ価値なので変動はほぼあり得ない、本当の意味で支払いに特化している仮想通貨こそMUFGコインだ、と言えるでしょう。

実際のスペックはどうなのだろうか

MUFGコインの送金速度は、1秒につき100件以上のデータ処理が可能なレベルとなっています。これは世界最大のクレジットカードブランドであるVISAが持つ、1秒で約1万件処理という処理速度から比較しても、十分に高いスペックを持つと言えるでしょう。

また、MUFGコインはブロックチェーンの機能を持っているのもミソ。他にもMUFGコインにはビットコインと同じく、P2P(Peer-to-Peer)の機能があるため、中央サーバーを介さずに端末同士でのやり取りが可能になっているのです。

MUFGコインのメリットとデメリット

MUFGコインのメリットとして第一に挙げられるのは、コストの削減でしょう。普段、我々はスーパーやコンビニなどで買い物をする際には、大きく分けてクレジットカード、電子マネー、モバイル決済、そして現金の、いずれかの手段で支払いを行うこととなります。

その中でもクレジットカードや電子マネー、モバイル決済を用いる場合は、店側にも手数料が課されますし、客側も年会費などの雑費を支払う必要が出てしまいます。こういった中にMUFGコインを導入することで、主に店側へとコスト削減を図れるのです。

また、もうひとつのメリットとしてP2P送金が可能な点も挙げられるでしょう。中央サーバーを介さず端末同士でのやり取りができるP2Pを用いることで、高速にMUFGコインを送金することが可能となります。

一方、デメリットとしては一般的な仮想通貨と同様に、ハッキング被害を受けた際の対処が非常に難しいことが挙げられるでしょう。特に円通貨へと通貨価値が紐づけされているMUFGコインは格好の的となる懸念があり、セキュリティを強固にする必要が出てきます。

日本人の間でMUFGコインは普及するか?

それではいったい、MUFGコインは一般レベルへと広く普及していくのでしょうか?

残念ながら、MUFGコインはあまり広く普及しないでしょう。なぜなら、電子マネーやクレジットカードなどに対して大きな旨味が無く、ユーザーからすればメリットを見出せないからです。

そのため、MUFGコインはどちらかと言えば、日本円への両替が億劫な訪日外国人向けに展開されていくと考えるほうが妥当と言えるのではないでしょうか。

しかし、外国の法定通貨との互換性や、仮想通貨とMUFGコインとの互換性などについては、未だ情報が出ていません。ですが、もし仮にこういった仕組みが作られていけば、日本人や外国人の間へとMUFGコインが普及していく期待が持てますね。

MUFGコインはキャッシュレス化を推し進めるか?


ご存知の通り、こと現代日本に生きる我々の生活に、現金は欠かせません。そんな現金は匿名性が高いだけでなく、場所を選ばない支払いなどが行える一方、いつ犯罪に狙われてもおかしくないリスクを孕み、ある程度かさばりもします。

また、銀行側としてもATMなどの維持費は非常に大きな負担となっていますし、本音を言えば現金至上主義に辟易しているのかもしれません。

もちろんそういった負担を減らそうと、現在政府ぐるみでキャッシュレス化が推進されているのですが、日本ではキャッシュレス決済の普及率は約20%(2018年8月16日時点)と、未だあまり浸透していないのが現状です。

現金主義の傾向が強く、新しいものに手を出すことへ恐れを抱きがちな日本人としてはやはり、今まで慣れてきた環境を突然変えるのは厳しいものなのかもしれません。

ですがその点、このMUFGコインのような取り組みが出てきているのは、キャッシュレス化へと刻一刻と進みつつある証しでもあるのかもしれませんね。

終わりに

MUFGコインは今までの仮想通貨の常識を覆すだけでなく、キャッシュレス化の普及を促進する仮想通貨でもありました。

今後、MUFGコインはどのように広まっていくのでしょうか?今後の情報から目が離せませんね。

Pocket

関連記事