トピックス

GPUとASICを比較!マイニングに向いているのはどちらか?

Pocket

皆さんが仮想通貨のマイニングを行う場合、多くはGPUを利用することでしょう。しかし実は、ASIC(エーシック)という処理装置を用いたほうがマイニングに適している、とされているのをご存知でしょうか。

この二つにはそれぞれ、メリットとデメリットがあります。ということで以下では、どちらがマイニングに向いているのかについて詳しく解説していきましょう。

マイニングについて

仮想通貨のマイニングとは、パソコンなどのコンピューターが持つ高い計算能力を活用し、仮想通貨を得ていく行為のことを指します。

ビットコインなどの仮想通貨ユーザーが通貨の送金手続きをしたとき、トランザクションという取引情報がブロックチェーンのブロックに記録されます。そして、そのトランザクションが承認されることで、送金先の口座に仮想通貨が着金されるという流れになります。

ここで注目してほしいのは、誰がトランザクションを承認しているのか、ということ。トランザクションの承認は、マイニングに参加するマイナーと呼ばれるユーザー達が行っています。

マイナーは複雑な計算をコンピュータに行わせ、ブロックチェーンの中に承認されたトランザクションを埋め込んでいきます。その対価として、マイナーは仮想通貨を得る、という流れになっているのです。

非常にメリットへ富んでいるように思えるマイニングですが、もちろんそこにはデメリットも存在します。マイニングのデメリットとして第一に挙げられるのは電気代がかかりすぎることで、費用対効果を計算するとむしろマイナスになってしまうことも。

加えて、マイニングには非常に大きなマシンリソースを使用しますので、コンピュータから発する熱をうまく排出できなくなってしまった場合などにはコンピュータがオーバーヒートし、故障してしまうことも。

ASICとはなにか

それでは次に、ASICについてご紹介しましょう。

ASICは、広義では集束回路部品の一種で、ある特定の用途向けに開発されたもの全般を指します。パソコンのように汎用性は高くなく、その反面ある用途へは非常に強いパワーを発揮することも。

ASICはテレビやゲーム機など、様々な家電製品に使われるパーツのひとつとして需要を高めています。そしてその中でも現在、マイニング向けのASICが開発され、世界中に出回ったことで注目を浴びています。

ASICとGPUのどちらがマイニングに向いているのかを比較してみた


それでは、ASICとGPUはどちらがマイニングに向いているのでしょうか?今回はこのふたつについて、それぞれ長所と短所を解説していきます。

GPUはカスタマイズ性に優れている

普通、GPUとはグラフィックボードまたはビデオカードという、デスクトップパソコンの本体に取り付けるPCパーツのひとつを指します。

本来、GPUは動画や画像の編集や3DCGの加工、オンラインゲームのプレイなどに強い効果を発揮します。これらは全て、GPUの持つ高い処理能力と計算能力の賜物。

そしてマイニングを行うマイナー達は、GPUが持つ処理能力と計算能力に着目し、マイニングへとGPUを用いるようになりました。

そんなGPUのメリットは、複数枚組み合わせることで処理能力を二倍、三倍と向上させることが出来ることです。これにより、手軽かつ際限なしに処理能力を向上させることが可能となりました。しかし一方で、設備投資にかかる費用も大きくなるのがデメリットです。

マイニング向けに設計されたASICは非常に強力

対して、マイニング向けに設計されたASICの性能はGPUのそれよりも非常に高く、単に性能のみから言えば、こちらのほうがマイニング向けだと言っても過言ではないでしょう。

引用:GMO miner

ASICはこのようなものとなっています。ここで一例として挙げたのは、GMOのグループ会社が開発したマイニングマシンですが、世界中、さまざまな企業からこういったマイニングマシンが開発されているのです。

このASICのメリットとして、GPUより処理能力が高く、効率よくマイニング報酬が得られるというものがある一方で、膨大な電力を消費してしまうのが玉に瑕。うまくASICとGPUを使い分け、効率の良いマイニングを心がけましょう。

終わりに

GPUとASICを単純比較すれば、ASICのほうがマイニングマシンとしての性能は高いと言えます。が、もちろんGPUにも長所はたくさんありますし、何しろGPUに関しては今後の伸びしろが非常に期待されるものであるのも事実。

もちろんどちらを購入すればいいか迷っているからとはいえ、両方購入して比較していてはコストが大きくかかってしまいます。様々な情報を入手し、自分が納得できるようなマイニングライフを送れるようにしたいものですね。

Pocket

関連記事