ニュース

オーストラリア科学機構、世界的なブロックチェーンテストのブレイクスルーを主張

Pocket

オーストラリア連邦科学機構は、シドニー大学と共同で開発したブロックチェーンネットワークの世界的なテストを完了しました。このシステムは1秒間に3万回の国境を越えたトランザクションを行うことができます。

オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)は水曜日の報道で、アマゾンウェブサービス(AWS)の世界的なクラウドインフラを利用して展開されたテストの結果を公表しました。

CSIROの技術部門であるData61とシドニー大学の並行システム研究グループ(CSRG)が開発したRed Bellyブロックチェーンと呼ばれるこのネットワークは、アメリカ・アジア太平洋・ヨーロッパの14ヶ国において1000ノードにわたりテストされました。

CSIROは、同機構では初となる世界規模でのブロックチェーンテストにおいて、平均して3秒かかる「異なる地域からの3万回のトランザクションを1秒間に行うことをベンチマークとした」と述べています。

このネットワークの目標は、最近の主要なブロックチェーンが、ビットコイン等のパブリックネットワークで採用されているプルーフ・オブ・ワークの代用としてコンセンサスアルゴリズムを使用していることに起因する、スケーラビリティの共通の課題を解決することです。

CSIROとシドニー大学が出した文書によると同グループは、決定性複雑コンセンサスと呼ばれる、異なるアルゴリズムに取り掛かっているようです。文書の説明によると、ネットワークが、時間のかかるノードからの承認を待つ代わりに、メッセージの基準値を受信した後にトランザクションを完了できるようにするものです。

「実在するブロックチェーンアプリケーションは、エネルギー消費や、プルーフ・オブ・ワークなどの複雑さから、軌道に乗るのに苦労してきました」と、Data61の上級調査官でありCSRGのトップであるVincent Gramoli博士は報道の中で述べました。

また、「Red BellyブロックチェーンをAWSに展開することで、ユニークなスケーラビリティと次世代の台帳技術の強さを世界的な背景で目にすることが出来ます」と付け加えました。

このテストは科学機構がIBMと共同でオーストラリアナショナルブロックチェーンと呼ばれるものを開発しているのと同時に行われました。

CoinDeskが過去に報じた通り、CSIROはこのブロックチェーンネットワークを、ブロックチェーンによって作動するスマートコントラクトを基盤とした、国内外の企業の大規模なビジネスと金融取引に利用することを目的としています。

この記事の翻訳元
Australia's Science Agency Claims Breakthrough in Global Blockchain Test – CoinDesk

Pocket

関連記事