トピックス

人気のクラウドマイニングサービス4個を比較!設備投資せずに始める仮想通貨マイニングの特徴と口コミ・評判

Pocket

仮想通貨のマイニングは自分の所有するコンピューターで行う以外に、業者に代行してもらうクラウドマイニングという方法があります。でもクラウドマイニングって海外のものばかりなので、どれを選べばいいかわかりにくいですよね。

そこで本記事では、人気のクラウドマイニングサービス4個の特徴を比較解説します。クラウドマイニングを始めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

採掘難易度上昇で注目が集まるクラウドマイニングサービス

現在、ビットコインの採掘難易度は非常に高くなっています。マイニング競争が激化の激化により、ビットコインのマイニングには高性能なコンピューターが必須となっているため、家庭用のパソコンでは気軽に参加できない状況です。

そこで注目されているのがクラウドマイニングサービスで、利用料を支払う代わりに業者にマイニングを丸投げすることができます。高性能なコンピューターを揃える必要はないですし、電力料金は利用料に含まれているので電力量を気にする必要もありません。

クラウドマイニングのメリットとデメリットについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

GMOやDMMも参入するクラウドマイニングとは?基礎からメリット・デメリットを解説

主要なクラウドマイニングサービス比較

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)

Genesis-Mining
出典:Genesis Mining

「Genesis Mining」は主要なクラウドマイニングのひとつです。日本語に対応しているので、初心者でも始めやすいといえるでしょう。

ビットコインをはじめ、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュ、モネロ、ジーキャッシュといったアルトコインのクラウドマイニングにも対応しています。プランが豊富で、クレジットカード払いも可能です。

「Genesis Mining」は少額でも安定した利益が確保でき、無期限プランなら投資額回収後は利益を得続けられます。サイトの安定性も高く、安心して利用できるのが特徴といえるでしょう。

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)の口コミ・評判

インターネット広告で一番目につくサイトだったから
ジェネシスマイニングはユーザーインターフェースの使い勝手が良く、パッと見ただけでもどうすればいいかがすぐ分かりました。そのため、一目見たときからここでマイニングしようと決めました。また、マイニング効率もいいというレビューが数多くあったというのも理由の一つです。また、普通にマイニングしようとすると高価な機器を購入しなければならないし、とてもじゃないですが手を出せる感じではありませんでした。その点ジェネシスマイニングはそういった機器を用意しなくても手軽にマイニングできるので、とてもいいと感じました。また、電気代が多くかからないことも魅力の一つで、効率よくマイニングするにはうってつけのサイトだと思ったからこのサイトを利用しています。(男性/20代)

知識がそれほどなくても始めることができる。
クラウドマイニングサービスに興味を持っていたのですが、利用するのには不安がありました。インターネットで検索して調べてみたところ、あまり知識がなくても安全に利用できそうだったのがGenesis Miningでした。実績がとても良かったので好印象を持ちました。Genesis Miningのサイトをチェックすると、日本語に対応していて好きな仮想通貨のイーサリアムも取り扱っていたので決めました。人気が高いビットコインやライトコインも取り扱っていて、ビットコインのマイニングで永久採掘権が手に入るのも魅力でした。友人がすでにGenesis Miningに登録していたのでプロモーションコードを利用できることもGenesis Miningを利用するきっかけのひとつです。プロモーションコードを使うと、3%割り引いてくれるのでお徳でした。(女性/50代以降)

主要コインをしっかりと網羅しているGenesis Mining(ジェネシスマイニング)
以前からマイニングには興味を持っていたのですが、莫大な電気代と利益との兼ね合いが難しく躊躇していました。しかし、Genesis Mining(ジェネシスマイニング)を敷いてからは気軽に仮想通貨のマイニングにチャレンジすることができています。実際に利益を生み出すことにも成功しているので、かなりおすすめのクラウドマイニングだと思います。Genesis Mining(ジェネシスマイニング)の良いところは、ビットコインのクラウドマイニングのサポートが永久である点にあると私は考えています。ほかのアルトコインのサポート期間は二年間となっていますが、今後そのサポートが延長されることを期待して利用しています。(男性/20代)

マイニングに関する深い知識がいらない点は魅力的
秋葉原の電気屋に行っても、非常に多種類に渡る仮想通貨のマイニング用の機材が並んでいます。素人にとっては機材の性能の違いを理解するのは困難ですし、ましてやそのような高額なマイニング用の機材を購入して元を取れるのかどうかもあやふやで不安です。そんな悩みを簡単に解決してくれるのがGenesis Mining(ジェネシスマイニング)です。Genesis Mining(ジェネシスマイニング)はクラウドマイニングサービスですので、自分のマイニング用の機材を用意する必要もないので、深い知識も必要としません。このようなクラウドサービスを利用すればマイニングの人口もどんどん増えて仮想通貨の人気が上がっていくのではないかと予想しています。(男性/20代)

メンテナンス料を考慮しても利益率がいい!
いろいろ考えて、クラウドマイニングサービスを利用してみることを考え、中でも確かな実績のあるGenesis Mining(ジェネシスマイニング)を利用することにしました。Genesis Mining(ジェネシスマイニング)はクラウドマイニングサービスなので当然メンテナンス料が毎日発生しますが、ビットコインだけでありほかのアルトコインにはメンテナンス料がかかりません。私はどちらかというとアルトコインの方が興味がある人なのでこの点はかなり魅力的に感じています。今後アルトコインの種類がもっと広がることを期待しています。また、Genesis Mining(ジェネシスマイニング)では支払いにクレジットカードを利用できます。これも嬉しい仕様です。(男性/20代)

HashFlare(ハッシュフレア)

HashFlare
出典:HashFlare

「HashFlare」は、「Genesis Mining」と肩を並べる有名なクラウドマイニングサービスです。サイトは日本語対応していて、管理画面は比較的わかりやすいので操作はあまり迷うことはないでしょう。

ビットコイン、イーサリアム、ジーキャッシュ、ダッシュのクラウドマイニングに対応。いずれの契約プランも1年契約となっています。

「HashFlare」ではマイニングプールの割当の選択が可能です。デフォルトでは自動で割り当てされますが、収益性の高いマイニングを自分で選ぶこともできます。

これまで「SCRYPT」と「SHA256」のクラウドマイニングは永久プランで提供されていましたが、1年プランのみとなりました。永久と期間限定では投資戦略が変わってくるのでその点には注意してください。

「HashFlare」は自動再投資機能を利用できるのが大きな特徴です。これはマイニングしたコインを使って自動的にハッシュパワーを買える機能で、複利によって収益アップを狙うこともできます。

HashFlare(ハッシュフレア)の口コミ・評判

マイニング紹介サイトで知り評判が良かったから。
マイニング紹介サイト(3分でわかるクラウドマイニングのメリット・デメリット&オススメ2社の比較:http://bitcoin-richdad.com/cloud_mining/)で知り評判が良く、日本語サイトが非常に分かり易かった。日本語サイトはビジュアル的に見易く投資成果がグラフで分かり易く、ジェネシスマイニングとの比較ですぐに投資が開始できる。再投資によって複利運用が可能であり、単利運用と比較して最終的な投資成果に大きな差が出ると考えた。イーサリアムとジーキャッシュも取り扱っており、3つの通貨を比較して分析して仮想通貨全体の分析と研究が出来ると考えた。(男性/40代)

料金が明確でわかりやすくサービスも良かったから。
仮想通貨のクラウドマイニングに去年から興味を持っていましたが、信用できるのか心配で様子を見ていました。しばらく外側からチェックしつつ、実際に利用していた会社の同僚に話を聞いていたら自分も試してみたくなり挑戦することにしました。最初は他のクラウドマイニングサービスを利用していましたが、次に興味を持ったのがHashFlareでした。HashFlareは料金が明確でサービスも良く、クラウドマイニングの世界では老舗です。3年以上の実績があるのも魅力でした。心から信頼できないとなかなか投資はできませんが、HashFlareには投資したいと思わせるものがありました。自由にマイニングプールの割り当てを選ぶことができるので、高い利益が期待できると考えています。(女性/50代以降)

マイニング機材を購入したり維持する必要がない。
マイニングに興味があったものの、自分でやるにはマイニング用の設備を揃えるのに費用がかかるためクラウドマイニングにしました。クラウドマイニングサービスは、周りでやっている友人などにメリットやデメリットを聞いて絞り込み、将来性がありそうなHashFlareを選びました。クレジットカードで支払いができるので便利でした。上手くいけばかなりの利益が出ると予測していますが、短期で一喜一憂しないように長期スパンで見ています。ビットコインの価格によって報酬が変化するし、これからどうなるかはわかりませんが、良い時期に始められたと思っているのでこれからに期待しています。登録時に手間がかかったら嫌だなと思っていたのですが、登録はすごく簡単でした。(女性/50代以降)

堅実に資産を増やしていきたい人にはおすすめ
現在、数多くのクラウドマイニングサービスがありますが、それらのクラウドマイニングサービスの中でも実績のあるHashFlare(ハッシュフレア)を利用しています。HashFlare(ハッシュフレア)を知ったのはインターネット上の口コミで評判が良かったことがきっかけですが、実際にHashFlare(ハッシュフレア)を利用してみて感じたのは、HashFlare(ハッシュフレア)は大幅な資産の増加は狙わないが、堅実に少しずつ資産を増やしたいと願う方にはおすすめのクラウドマイニングサービスであるということです。このクラウドマイニングサービスで選べるプランはすべて一年契約となっているため長期での資産運用は考えにくいことは考慮しておく必要があります。(男性/20代)

これからのビットコイン投資には、ぜひハッシュフレアによるマイニングを
クラウドマイニングのサービスを探す際、ジェネシスマイニングとハッシュフレアを比較して、ハッシュフレアの方が手数料も固定でその他料金体系が明確であること、再投資プログラムがあることが魅力に感じました。それにハッシュフレアは、3年間払い出しの実績があることをインターネットで知ったので、安心して利用できそうだと思い、実際にその通りでした。ハッシュフレアのサイトの日本語は少し拙い翻訳ですが、だいたい意味がわかれば不自由なく利用できます。自分で収益性の高いマイニングプールを選んで、基本的には放置できるので仮想通貨投資の初心者の方にもおすすめです。私のマイニングプランではおよそ1年で元本回収が可能、もうそろそろなので楽しみです。(女性/30代)

Hashing24(ハッシング24)

Hashing24
出典:Hashing24

「Hashing24」も名の知れたクラウドマイニングです。サイトは日本語表示が可能ですが、自動翻訳っぽいので訳がおかしな部分が多々あります。

「Hashing24」はビットコインマイニングの個人の専門家集団が運営するクラウドマイニングサービスです。「BitFury」という世界有数のマイニングプールからハッシュパワーを買い付け、クラウドマイニングとして提供しています。

2012年からマイニング事業を行っているので、クラウドマイニングの中では老舗といえるでしょう。GMOが「Hashing24」でマイニングされたビットコインを毎月プレゼントするというキャンペーンを実施していたこともあります(キャンペーンは終了)。

「Genesis Mining」や「HashFlare」と比べるとやや魅力に欠けますが、「BitFury」と提携してマイニングを行っているのはひとつの特徴といえます。

Hashing24(ハッシング24)の口コミ・評判

クラウドマイニングサービスの中では堅実そうだったから。
日本ではあまり知られていないものの、Hashing24は去年からチェックしていた会社です。ビットコインの採掘に特化しているのが気に入りました。堅実なイギリスのマイニング企業というのもHashing24に決めた理由のひとつです。Hashing24のサイトは日本語にも対応していて、かなりわかりやすい説明がされていたので好感を持ちました。マイニング作業は安定していて、他の企業がトラブルでメンテナンスを行っているときもHashing24は問題なく採掘をしていました。サイトもシンプルで見やすいです。Hashing24はマイニングチップの大手企業と提携しているので、マイニングコストが安く済むと考えています。ビットコインに関する情報が早いのも魅力です。(女性/50代以降)

安心して資産運用ができるのでHashing24(ハッシング24)はおすすめ
Hashing24(ハッシング24)はクラウドマイニングサービスを利用する事ができ、少ない投資から資産運用を行えるようになっているため、安心してサービスを利用する事ができ、セキュリティも万全で世界有数のマイニングプールからハッシュパワーを買い付け、資産運用を行う感じとなっています。サイトが日本語対応となっているため、細かな説明とかもしっかりと見る事ができ、仮想通貨に関する詳細も随時更新されているので最新情報をすぐに入手できます。他にも手堅く利益を得られるようになっているため、投資をする際に少し多めに費用を使っておけば見返りもかなり期待できる感じです。便利な機能も多数あるので状況に応じて使い分けていく事ができ、機能の情報とかもHashing24(ハッシング24)のサイトに掲載されているため、具体的な内容を確認する事ができます。(男性/30代)

Hashing24(ハッシング24)は便利なクラウドマイニングサービスだと思います
友人のすすめでクラウドマイニングサービスとして知られているHashing24(ハッシング24)を利用していますが、少なめの投資でも比較的に利益を少しずつ得ていく事ができるので凄く助かっています。コツコツと利益を得ていくタイプとなっているため、投資をする際は少し多めにしておくのが良いかもしれないです。セキュリティもしっかりとしていて、専門家の集団が運営しているサービスでもあるので、なにかあったらすぐに対応してくれるため、安心してHashing24(ハッシング24)を利用する事ができます。特長としては支払いは共通のネットワークを使い対応し100%スムーズの動作が行われ、最新のテクノロジーやシステムが使われております。また、大手企業とかも参入しているので万全なサポートとサービス体制となっています。(男性/30代)

効率よくマイニングをしてくために必要だと考えたから
これまで自力でマイニングに参加していましたが、電気代や機器のメンテナンス料を考えてみると、やはり効率のよいマイニングは難しいことに気が付きました。実際にやってみないと分からないこともあると考えているので、今まで効率が悪かったことに関してはいいのですが、これらのことを考慮しHashing24(ハッシング24)を利用することにしました。Hashing24(ハッシング24)を選んだのはビットコインのマイニングの実績があり、信頼性が高かったからです。また、どういった仕組みでマイニングが進行しているのかということも把握しやすい状態であり、初心者としても参入しやすい環境が整っていたことも理由の一つとなっています。(男性/20代)

長期的な視点で非常に魅力を感じるサービス
数あるクラウドマイニングサービスの中でも、ひときわ輝いて見えるのがこちらの Hashing24(ハッシング24)です。まず、 Hashing24(ハッシング24)の特徴としてビットコインのマイニングに関して永久採掘権がもらえるのは非常に有難いです。これからアルトコインを含め仮想通貨のマイニングが注目度が高まるにつれ難しくなっていくことは容易に想像できます。その内マイニングに制限がかかってしまう可能性も否定できません。そういうことを考慮すると長期的に考えて、マイニングの永久採掘権は魅力的です、また登録などの手続きも簡単なので、気軽に利用し始めることができたのも Hashing24(ハッシング24)を選んでよかったと感じる部分でした。(男性/20代)

Hashnest(ハッシュネスト)

Hashnest
出典:Hashnest

「Hashnest」は、マイニングASIC(特定用途向け集積回路)で約70%ものシェアを得ているBitmain社が運営するクラウドマイニングです。Bitmain社は北京に拠点を置く大手のマイニングファームで、「AntMiner」というマイニングマシンが販売しています。

サイトは日本語対応していないので、少し使いづらいかもしれません。自社製品である「AntminerL3+」「AntminerS9」「AntminerS7」といったマイニングマシンからハッシュレートを購入し、クラウドマイニングをするという形になります。

大手のマイニングプールが運営しているという点では期待したいところですが、Bitmain社製のマイニングハードウェアにバックドアが見つかった点が懸念材料といえるでしょう。

ANTMINER S9・L3・T9・R4シリーズに「The Antbleed Backdoor」と呼ばれるバックドアが存在することが発覚し、問題となっています。簡単に説明すると、このバックドアを使えばマイニングマシンの情報を収集したり、Bitmain社から意図的にマシンを停止したりできるのです。

Bitmain社は「ユーザーがマシンをリモート操作できる機能であり、許可なくこの機能を使用することはない」と説明していますが、バックドアが存在する限り不安は拭えません。クラウドマイニングを利用する分にはバックドアの問題が大きく関わるとは考えにくいですが、この問題を巡って信用性が疑問視されている状況です。

Hashnest(ハッシュネスト)の口コミ・評判

人生観が広がるHashnestの意味合いとは
仮想通貨の聖地と呼ばれる中国の規制が厳しい現在は、堅実かつ人生にとって前向きに考えられる存在が不可欠です。Hashnestは定期的に再投資機能が変更されるため、相場の状況を確認しながら操作することが大切です。強靭なセキュリティ機能が置かれているHashnestは、善意溢れる内容が網羅されています。これからいろいろな機能が搭載されていくというメリットが含まれ、クラウドマイニングの世界へ新たな世界観を吹き込んでいます。仮想通貨はライバルが激しい分野へと成長しましたが、自分自身が納得できるデータベースを確保することが大切です。健全な投資がしたければ、Hashnestは自信を持ってオススメできる内容です。(男性/30代)

友人のすすめでHashnest(ハッシュネスト)を利用しています
Hashnest(ハッシュネスト)は特定用途向け集積回路が使われているので世界中で70%の方が利用しているクラウドマイニングサービスとなっていて、設備投資をせずに仮想通貨を運用している所となっているため、安心して資産運用をはじめる事ができます。自分もHashnest(ハッシュネスト)を利用して投資を行っておりますが、強靭なセキュリティ機能が使われていて平和な空間と健全な所で資産運用ができ、利益もガッツリと得る事ができるので凄く助かっています。相場の状況を確認しながら操作することも可能であるため、臨機応変に資産運用を行う事ができます。スマートフォンやiPhone用のアプリも出ているので移動中に運用している資産の状況を随時確認する事もできます。(男性/30代)

ハッシュネストは利用しやすい所で良いので
マイニング世界最大手のBitmainが運営しているのがハッシュネストで名前はかなり有名なところなので利用しやすいところだと思います。クラウドマイニングサービスとして非常に良いところだと言う評価も多く口コミの数も多いので試しにやられてみると良いかもしれません。投資をしていく上では名前がある程度有名なところ利用しておいた方が良いでしょう。少しでも多く金額を儲けていきたいと思っている人たちは多いと思いますが、ここは儲けやすい所だと思います。ここは公式サイトを見ておけばわかりますがとてもわかりやすく説明をしているところで良いです。とても良いクラウドマイニングサービスだと思うのでこれからビットコインを始めて多く儲けていきたいと考えている人はやっておくと良いでしょう。(男性/30代)

ハッシュネストは堅実にやって行ける所なので
ハッシュネストはクラウドマイニングサービスの中でも公式サイトがとてもわかりやすく利用していけるところなのではないでしょうか。特にビットコイン初心者の方にお勧めできるところだと思います。ビットコイン初心者の方にとってどのように投資していけば良いのかと言う不安があると思います。ハッシュネストはそのような不安を解消してくれるような手堅い投資ができる所でおすすめできる所です。クラウドマイニングサービスでどこか評判となっているようなところがないかと探している人にとっても良いところだと思います。試しにどのようなところが他の人のネット上の口コミなどを見てみると良い場所かどうかわかると思いますので見ておくと良いでしょう。(男性/30代)

マイニングの難易度が上昇したために利用した
Hashnest(ハッシュネスト)を利用したのは、個人によるマイニングの難易度が上昇したためです。2017年の年末から年明けにかけてアルトコインを含む仮想通貨業界の注目度が一気に増し、個人の力でのマイニングが明らかに困難になりました。マイニングの効率化を図るためにも他者の力を借りることが必要となり、利用料はかかってしまいますが、それを加味しても圧倒的に効率よくマイニングが可能となるHashnest(ハッシュネスト)を選びました。Hashnest(ハッシュネスト)はサポート体制もしっかりとしており、電気料金は利用料に含まれているので、電気料金を気にする必要がないことが一番魅力を感じているところです。(男性/20代)

規約やプランの改定に注意

マイニング競争が激化している現在、機材不足や採掘難易度上昇から規約やプランを改定するクラウドマイニングもあります。「HashFlare」が永久プランを廃止し1年プランに切り替えたことからもわかるように、クラウドマイニングサービスも運営が厳しい状況にあるといえるでしょう。

クラウドマイニングサービスもビジネスである以上は利益を出さなければならないわけで、規約やプランの改定も仕方ないといえます。しかし、利益を得られないならクラウドマイニングをする意味がないので、利用者にとって大きく不利となる改定が行われたなら乗り換えを検討したほうがよいかもしれません。

日本ではGMOやDMMがクラウドマイニング事業の参入を発表しています。国産のクラウドマイニングサービスはこれから増えていくことが予想されますので、GMOやDMMの動向にも注目してみてください。

GMOのクラウドマイニングについて

GMOは最近、クラウドマイニングサービス事業を展開し、その事業に力を入れています。

クラウドマイニング自体のサービスはまだ始まっていませんが、マイニングマシン「GMO miner B2」の販売をすでに始めており、クラウドマイニングの説明会を開催しているなど、クラウドマイニング事業に対して積極的です。

GMOとはなにか

GMOインターネットグループの公式サイト:GMOインターネット株式会社
GMOマイニング事業の公式サイト:GMOインターネットのマイニング事業について

GMOとは「GMOインターネットグループ」のことで、GMOコインという仮想通貨取引所の運営だけでなく、証券会社やFX、ロリポップという有料レンタルサーバーの取り扱いなど、様々な事業を展開する大手企業です。

GMOクラウドマイニングの特徴

特徴は信頼性と安全性にあり、その根拠は金融庁の認可を受けた仮想通貨取引所であるGMOコインを運営しているというところです。

金融庁の認可を受けたGMOコインを運営している企業がクラウドマイニングを行うのであれば、日本のみならず世界各国の仮想通貨ユーザーから注目されるでしょう。

大手クラウドマイニングといえば、Genesis Mining(ジェネシスマイニング)とHashFlare(ハッシュフレア)の二社が挙げられ、日本語にも対応しているので、日本人でも利用しやすくなっています。

しかし、海外企業が運営するクラウドマイニング事業なので、なにかが起きたときは結局、自己責任となるわけです。

日本企業が日本国内でクラウドマイニング事業を展開して、日本向けのサービスを行えば、これまで海外しか利用することができなかったクラウドマイニングサービスを日本で受けることが見込めます。

現在の状況

説明にも触れましたが、GMOは現在、クラウドマイニングサービスを開始していません。しかし、日本経済新聞やマイナビニュースなどによれば、クラウドマイニングサービスは2018年8月を予定にしているとのことです。

現在、GMOが展開するクラウドマイニングサービスに世界各国の企業や事業者は参加を表明しているとのことで、クラウドマイニングサービスの事業内容についての詳しい説明についての問い合わせが殺到しているとされています。

参加方法について

まずはGMOクラウドマイニングに参加する条件のデータを掲載いたします。

設置レンタル料:1契約500万ドル(約5億5000万円)で前払い一括方式
レンタル期間:2年(途中解約不可)
提供内容:マイニング設備の一部を貸し出し
管理手数料:未定だがマイニング報酬から差し引いて徴収する予定
マイニング対象仮想通貨:ビットコインとビットコインキャッシュ

参加する前提条件は、500万ドルを一括で支払わないと参加できないようになっているというところです。この膨大な金額を出せる人といえば、500万ドルを出しても余裕を保てる法人か個人といったところでしょう。

注意点

最大の注意点は3つあります。その3つとは、投資した金額の元が取れない場合がある、相場が上がるどころか下がる場合がある、倒産のリスクです。

ビットコインとビットコインキャッシュが天井知らずに上場すれば、元は取れるかもしれませんが、最近は下落傾向にあります。相場についてもどうなっていくのかわかりません。そして重要なことは、GMOそのものが倒産のリスクを抱えているというところです。

企業倒産のリスクが抱えているのは万国共通で、すべての企業に言えることですが、GMOの場合は現在、安定性が高く、倒産のリスクは非常に低いと考えられるでしょう。

おわりに

現在、クラウドマイニングは海外のサービスが主流となっています。国産のクラウドマイニングサービスが普及すれば状況はまた変わってくるでしょう。クラウドマイニングを始めるなら、サービスごとの規約やプラン内容をよく比較して選んでくださいね。

Pocket

関連記事