ニュース

6000万ドルの暗号通貨がハッキングにより盗難されたことで日本市場はどのような影響を受けるか

Pocket

日本の主要な暗号通貨取引所であるZaifが今週ハッキングされ、高いプロファイルセキュリティを侵害されユーザーの資産6000万ドル近くを失いました。

ジャパンタイムズを含む日本の出版社の報道によると、未知のハッカー集団により、同社の資産22億円とユーザーの資産45億円の計67億円が盗難されました。

Zaifを運営するテックビューロは顧客に対して、このハッキングの影響を受けた投資家全員に対して暗号通貨を払い戻すと説明しました。被害の規模により、Zaifは、以前株式の過半数に対して50億円を同社に支払った、東京を拠点とする金融市場調査会社であるフィスコとの取引に至りました。

「同社ははじめ67億円がハッキングされたとしていたが、セキュリティ上の問題により攻撃を受けたサーバーの再起動が行われていなため、実際の金額は未だ確かめられていません」とジャパンタイムズは報じました。

日本にどのような影響が?

昨年4月、金融庁が暗号通貨取引を監視するための厳しい政策を施行しました。更なる取り組みのひとつとして、金融庁は暗号通貨取引プラットフォームを国内で運営するために申請が必要な認可を作りました。

最近、金融庁は、2018年の終わりまでに提出が予想される大量の申請に対応するため、暗号通貨チームを拡大することを決定しました。現在160社が国内でデジタル資産取引を運営するための認可を得ることを計画しています。

コインチェックがその脆弱な取引セキュリティシステムを侵害され5億ドルが盗難された後に、日本政府はデジタル資産取引プラットフォームの規制を強化しました。
Zaifのセキュリティ侵害により、セキュリティおよび内部的な管理システムに対する政策が更に厳しくなることが予想されます。

CCNが以前報じたように、BithumbやCoinrailのような取引所で採用されていた脆弱なセキュリティシステムが、政府による暗号通貨取引市場の規制をもたらしました。

韓国政府は暗号通貨とブロックチェーンを合法なセクターだと認めることを控えていましたが、投資家保護が必要となる高プロファイルのハッキング攻撃が起きたことで、韓国政府はもはやそれを拒むことはできなくなりました。

Zaifに起きた6000万ドルのハッキングによって、日本政府はより積極的に取引所に協力するようになり、取引所におけるセキュリティおよび内部的な管理システムを政府機関の主導で安全にし投資家を守ることになるでしょう。

韓国では、取引所に対して政府が法律で安全性の確保を求め、Zaifのようなケースでも、取引所が外部資本を必要とせずに投資家の資産をカバーできるようにしています。

金融庁はどのような反応を示すか?
金融庁は、Zaifのハッキングが起きるより前に、12名の職員を暗号通貨部門に追加すると述べていました。金融庁は認可待ちの160社に対してもセキュリティ要件を見直す可能性がかなり高いと思われます。

この記事の翻訳元
How the Recent $60m Crypto Hacking Attack Will Impact Japanese Market

Pocket

関連記事