ニュース

中国行政、寄付に対する信頼を後押しするブロックチェーンに注目

Pocket

中国の社会福祉を担当する政府機関はブロックチェーン技術を現在の寄付金追跡システムのアップグレードとして採用することを計画しています。寄付金の可視性を大きく向上させることが目的です。

中華人民共和国民政部は月曜日に2018~2020年の行動計画を発表し、インターネットを利用して社会奉仕活動の透明性を向上させることを目指すいくつかの分野の概要を説明しました。

計画では、民政部がブロックチェーンソリューションを現在の寄付金追跡システムのアップグレードとして活用するかどうかを2018年中に決定し、2020年までにプロジェクトを完了することが示されています。

中国の寄付金事情が近年の不祥事による民衆のシステムに対する不信感を払拭できず、議論から抜け出せずにいるために、このような活動は起こりました。

この計画で、民政部は県と地方局に対して、ブロックチェーンネットワークは現在の全レベルにおける政府寄付データベースと民間の寄付サービスとを統合する、と告知しました。この方法で、様々なサービスの寄付データは、分散型ネットワークを利用してより早く公開されるようになるでしょう。

現在、従来の慈善団体の他に、アリババやテンセントといったインターネット大手も独自に携帯アプリを通じた寄付サービスを開始しています。

現に、以前CoinDeskが報じたように、アリババの決済会社であるAnt Financialはすでにブロックチェーン技術を利用して寄付履歴、慈善事業の公開やその他のデータに可視性をもたらしています。

この記事の翻訳元
Chinese Ministry Eyes Blockchain to Boost Trust In Charities – CoinDesk

Pocket

関連記事