ニュース

金融庁、暗号通貨交換業の検査のためのチームを拡大

Pocket

日本の金融市場の監視機関は、暗号通貨関連の活動に焦点を当てたチームを来年までに拡大し、日本企業の間に拡大しつつある暗号通貨交換業への登録に対する関心に対処しようとしています。

金融庁は水曜日、第五回となる暗号通貨に関する研究会を主宰し、交換業者、学者、弁護士、政府の職員が出席しました。金融庁の総合政策局長である佐々木清隆氏は、金融庁は現在約30名の責任者に、登録の検査を含む暗号通貨関連の活動を監督させていると述べました。

佐々木氏はロイターに対して、金融庁は、2019年の会計年度までに更に12名を追加し、暗号通貨交換業の成長に対応すると語りました。

研究会の後に発表された書類によると、金融庁は16件の検査を進めており、公開会社を含む160以上の企業が交換業への登録申請を検討しているようです。

金融庁によると、16件のうち12件の企業が審査官からの指示により申請書類を取り下げ、1件は不適格との判定が出ました。コインチェックを含むあとの3件は最終判断を待っている段階です。

金融庁が編集したデータは、暗号通貨分野で働く職員が不足しているのは金融庁だけではないことを示しています。

「多くの交換業者が大量のユーザー資産を小さなチーム(平均して一人の職員あたり3億3000万)で管理しています」と金融庁の概要には述べられています。

データによると、日本の投資家向け暗号通貨取引所は去年で553パーセントも増加しましたが、そのうち75パーセント以上が20人以下のチームで運営されています。

CoinDeskが以前報じたように、1月のコインチェックのハッキングを受けて、金融庁は初の暗号通貨に関する研究会を4月に開催しました。その際金融庁は、日本における暗号通貨取引の量は数年で著しく成長しており、2017年だけで97億ドルのビットコイン取引があったと述べました。

この記事の翻訳元
Japan's FSA Expands Crypto Team to Handle Exchange License Reviews – CoinDesk

Pocket

関連記事