アルトコイン

ERC20とは?ICOに真価を発揮する技術、ERC20の全貌を徹底調査!

Pocket

ERC20とはイーサリアムのプラットフォームで動作するトークンの技術仕様で、仮想通貨の名称ではありません。ERC20の真価はICOで発揮され、ICOを企画するベンチャー企業または中小零細企業などの団体にとって心強いものとなるでしょう。

ということでここでは、ERC20とはどのような技術なのかについて、解説していきます。

ERC20とはどんな技術?

まず初めに、ERC20という技術について、詳しくご説明していきましょう。

ERC20とは上記の通り、イーサリアムに用いられているブロックチェーン技術を用いることで、新たなトークンを安全・容易に発行できる技術のことを指します。

トークンとは、簡単に言ってしまえば個人で発行できる株式のようなもので、発行者はトークンを売買することにより資金を得て、何らかの活動に用いることも出来ます(ちなみに、この一連の流れをICOと言います)。

ERC20が開発される以前は、トークンの発行者が各々でさまざまなブロックチェーン技術・セキュリティ技術などを取捨選択する必要があり、発行には大きなハードルが存在していました。

また、各トークンに採用されている技術がまちまちだったため扱いづらく、そのため各取引所はトークンの取り扱いに尻込みしていた状況だったんですね。

しかし、そんな状況はERC20を含めた、画一的な技術が開発されたことにより打破されました。現在では数えきれないほど多くのトークンが世界各国で発行・取引されており、起業や研究などの助けとなっているんですよ。

ERC20のメリットとは?


それでは次に、ERC20を採用することでどんなメリットがあるのか、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

第一に挙げられるのは、上に記した通り、トークンの扱いが非常に容易となったことでしょう。ERC20を用いて発行されたトークンは、かの有名なイーサリアムのウォレット「MyEtherWallet」でも保管が可能で、売買手続きの簡潔化に成功しています。

また、既に広く世界中で用いられているイーサリアムのブロックチェーン技術を用いることで、そのトークンは信頼とセキュア性を容易く得ることが可能となりました。

このように、ERC20の登場によってトークンの発行自体に時間や手間暇をかける必要が無くなったため、発行者はより一層各々のスタートアップや研究などへと注力することが出来るようになった、というわけですね。

ERC20を利用したトークンにはどんなものがあるのか

それでは最後に、ERC20を用いて発行されたトークンにはどのようなものがあるのか、ご覧頂きましょう。まずはこの画像をご覧ください。

引用:トークン時価総額 | CoinMarketCap

これは大手トークン売買サイト、「CoinMarketCap」のサイトをキャプチャしたものです。プラットフォームの欄に表示されている仮想通貨名は、それぞれのブロックチェーンを利用して発行されたトークンだということを示しています。

この中だと、「EOS」や「OmiseGO」がERC20を利用したトークンです。ここからも、どれだけERC20の需要が高いのかが分かりますね。

また、ここには表示されていないものの、同じく人気なトークン「TRON」も、以前はERC20を利用したトークンでした。しかし、現在ではERC20から脱却し、独自のブロックチェーンで開発を進められた本物の仮想通貨へと変貌していったのです。

このように、ERC20を足掛かりとして発展を目指していくトークンもあるため、トークンの売買を行う際にはそのトークン自体の将来性などもチェックしてみると面白いかもしれませんね。

おわりに

ERC20は高い品質を保ったままトークンを発行できる技術仕様であり、ICOにおいて非常に重要な役割を担っています。

ICOの目的は、企画したプロジェクト遂行のための資金調達ですが、株式上場ほどハードルは高くありません。ERC20をトークン発行に利用することで、時間やコストなどの抑制に期待が持てると言えるでしょう。

今後、こういった技術を用いることで、更なるICOなどの隆盛が見られることを期待しましょうね。

Pocket

関連記事