仮想通貨の基礎知識

黒マチャートはビットコインFXの必須ツール!?使い方や設定方法などを徹底解説!

Pocket

黒マチャートはご存知の通り、国内外の取引所のビットコインチャートを表示してくれる便利なブラウザチャートツールです。

そんな黒マチャートは、ゼロレイテンシーチャートとしての一面も持っています。ゼロレイテンシーとは、簡単に言えば遅延時間ゼロ、ということ。この性質を利用することで、黒マチャートは通常のビットコイン取引以外にもさまざまな使い方が出来るんです。

ということで今回は、そんな黒マチャートの使い方や設定情報、見方などについて解説していきます。

黒マチャートとは?

黒マチャート公式サイト:わくわく黒まランド (仮)

黒マチャートは、ビットフライヤーにも「LightChart」という名前で採用されるなど、非常に有名なブラウザチャートツール。ビットコイン現物取引のほか、「ビットコインFX」と呼ばれる先物取引、イーサリアム、ビットコインキャッシュの取引などに対応しています。

黒マチャートの大きな特徴は、トレンドライン・デプスチャート・出来高の見やすい表示、チャートに応じたアラート機能、ショートカットキー操作機能、低負荷モードなどの高機能、そして後述する超高速なチャート表示です。

この黒マチャートはビットコイン現物取引によく用いられていますが、それは本来の使用用途ではありません。実は、ビットコインFXに使うことで真価を発揮するツールなのです。

そして黒マチャートの本来の力を使うことで、ビットコインFXに大きな利益を見出すことも可能なのだとか。

では、なぜ黒マチャートを利用することでビットコインFXに期待が持てるのでしょうか?その答えは先ほど述べた、ビットコインFXに限らずすべての取引にとって天敵となる、タイムラグの存在を打破する高速性にあります。

多くの仮想通貨取引所では大量の注文が入った際、取引所側がそれを捌き切れなくなり、結果として価格の表示などに大幅なタイムラグが発生してしまうことがままあります。

このタイムラグの発生によって、ビットコインを自分が望む価格で売買出来なくなり、結果として大きな損失を被る可能性も。こと一分一秒の値動きが命運を分けるビットコインFXでは、このタイムラグはまさに大敵なのです。

しかし、黒マチャートは「ゼロレイテンシー」という機能によって、リアルタイムにチャートが更新され、正確な情報が瞬時に手に入ります。ということで、特に迅速な判断を求められるビットコインFXにとって、黒マチャートは欠かせない存在となっているのですね。

また、上でも述べたように黒マチャートはビットコインだけでなく、イーサリアムやビットコインキャッシュの取引に対応しています。そのため、この2つの仮想通貨を取引しているユーザーにも黒マチャートはおすすめ出来ると言えるでしょう。

黒マチャートを使うメリット・デメリット

では、黒マチャートを用いることでいったいどのようなメリット・デメリットが生じるのでしょうか?

黒マチャートのメリット

まずメリットとしては、先述したような高機能性・および高速性を手に入れられることが挙げられます。

黒マチャートを用いることで、さまざまな情報を瞬時に把握・判断することが出来、現物取引・先物取引に関わらずより大きな利益を挙げられる可能性が出てくると言えるでしょう。

黒マチャートのデメリット

デメリットとして挙げられることは、「高機能すぎる」ことです。特にまだチャートを見慣れていない初心者の方にとっては、一見しただけではどのように情報を得ればよいのか、どう状況を判断すればいいのか迷うことも出てきてしまうでしょう。

また、対応している取引所(bitFlyer、BitMEX、bitfinexなど)を使用していない方には黒マチャートを使うことが出来ません。また、複数の取引所をチェックすることで黒マチャートは真の力を発揮するとも言えます。

有体に言ってしまえば、黒マチャートはより玄人向けな取引用ツールだと言えるかもしれませんね。

黒マチャートの見方について

それでは次に、黒マチャートの見方をご紹介していきましょう。まずはこの画像をご覧下さい。


引用:わくわく黒まランド (仮)

基本的には通常のチャートと見方は変わりません。赤いロウソク足がその時間帯で値上がりしたことを、緑のロウソク足はこの時間帯に値下がりしたことを示しています。

ロウソク足の下にあるピンクの棒は取引高で、ピンクの棒の長さが長ければ長いほど、取引高も高くなっているということ。つまり、このピンクの棒を見ることでどれだけの取引がなされたのか判断出来るということですね。

また、一番右側にあるものはデプスチャートと呼ばれているもので、どの価格帯に注文が集まっているのかを視覚的に判断することが出来るものです。

さらに、もう少し詳しい情報を知りたくなったときは画面上部にある「Cryptowatch」をクリックすれば、どれくらいの価格で売買されているかなど、具体的な数字を見ることが出来ます。

チャートの見方などは非常に奥が深く、なかなかこの記事だけでは説明し切れません。詳しく知りたい方は、公式サイトなどからチェックしてみて下さいね。

黒マチャートの設定方法

また、黒マチャートの設定を変えることで、さらにいろいろな情報をチャートへと表示させることが出来ます。下の画像はトレンドを表示させた例で、上の画像に比べて新しいグラフが追加されたのがお分かり頂けるでしょう。


引用:わくわく黒まランド (仮)

設定方法としては、右上の「設定」から「Overlays」を選び、「SMA」と「EMA」にチェックを入れるだけ。もし設定を間違えて何が何だか分からなくなってしまったら、「設定リセット」をクリックするだけで、デフォルト設定に戻すことが出来ます。

ちなみに、SMAは単純移動平均線と言い、現在のトレンドを分析するのに利用されるというもの。EMAは指数移動平均線と言い、最近のトレンドを細かく知るのに向いているとされているものです。詳しく知りたい方は調べてみると良いでしょう。

黒マチャートの便利な使い方~「イナゴ取引」の場合~

では実際、どのようにして黒マチャートを用いていけば良いのでしょうか?
ということで最後に、黒マチャートの便利な使い方について一例をご紹介していこうと思います。

今回ご紹介する便利な使い方は、「イナゴ投資」という取引方法に黒マチャート、そして「いなごFlyer(イナゴフライヤー)」の2つを用いる方法です。

イナゴ投資とは?

イナゴ投資とは、虫のイナゴが稲穂に群がるように、上がりそうな銘柄(ここでは仮想通貨)に短期投資家たちが群がる様子を比喩したもので、チャートの僅かな上がりへと飛びついて短期決戦を狙う投資の方法です。FXを行う方にとっては定石のようなものでしょう。

「黒マチャート」と「いなごFlyer」の使い方

では、簡単にこの使い方についてご説明しましょう。まず、ブラウザで「黒マチャート」「いなごFlyer」の2つを開いておきます。

このいなごFlyerは、簡単に説明すると「各通貨に大量の取引注文が来たらアラートしてくれる」サービス。大量の注文が来たら当然チャートは動きますから、その動き方を黒マチャートでチェックしていきます。

そして「チャートが上がりそうだな」と感じたら、他のデータもチェックしつつすぐさま買い注文、その後ある程度チャートが上がったところで売り注文。これで利益確定です。

もちろん、上がりそうだと思われたチャートが逆に値下げを見せたりすることもあります(これを「ダマシ」と呼びます)し、時には上手く売買出来ずに損をしてしまうこともあります。経験値を積みつつ、自分にとって最適のタイミングを見つけていきましょう。

おわりに

黒マチャートの使い方は非常にシンプルで、仮想通貨の初心者から上級者まで、多くの仮想通貨ユーザーにとって非常に使いやすいものとなっています。

損失を最小限に留めるために、またはビットコインの売り時をいち早く判断するために、黒マチャートは最も活用出来るツールのひとつなのではないでしょうか。

Pocket

関連記事