仮想通貨プラス > アルトコイン > 日本初の仮想通貨・モナコイン(Monacoin)の特徴とこれまでの動きについて解説と口コミ・評判

日本初の仮想通貨・モナコイン(Monacoin)の特徴とこれまでの動きについて解説と口コミ・評判

2018-02-23

モナーコイン-アイキャッチ

Pocket

モナコインという名前は聞いたことがあるけれど、どんな仮想通貨かよく知らないという方は多いのではないでしょうか?名前からネタ的な仮想通貨と思われがちですが、Segwitやアトミックスワップといった最新技術の導入に成功している優れた仮想通貨です。

本記事ではまだまだ知られていない、モナコインという仮想通貨についてじっくり解説していきます。最後までお読みいただくと、モナコインという仮想通貨に興味が湧くことでしょう。

モナコインのチャート



日本初の仮想通貨・モナコイン

モナーコイン
出典:Monacoinproject

Monacoin(モナコイン / モナコイン)は、日本で誕生した日本初の仮想通貨(暗号通貨)です。通貨単位はMONA。モナ(正式名称・オマエモナー)というのは電子掲示板の2ちゃんねるで有名なAA(アスキーアート)のキャラクターで、コインのデザインに描かれているような猫のような姿をしています。

モナコインはMonacoinprojectによって開発が行われていますが、中央集権型ではなく完全分散型であるため、開発元はコインの発行や運営を行っていません。また、開発は2ちゃんねるとは関係がないとのことです。

モナコインの特徴

モナコインは、ビットコインから派生した仮想通貨・Litecoin(ライトコイン)をベースに開発されています。
モナという2ちゃんねるのキャラクターをモチーフにしているため、ネタ的な仮想通貨と捉えられることがありますが、れっきとした仮想通貨です。

ビットコインはスケーラビリティ問題によって取引速度(ブロック生成時間)が遅いという欠点がありますが、モナコインは取引速度の早さが特徴として挙げられます。ブロックの生成間隔はビットコインが約10分、ライトコインが約2分30秒であるのに対し、モナコインは約1分30秒なのでかなり早いです。

ビットコインと比べて知名度や流通量はかなり劣りますが、ビットコインよりも早く送金ができるため、非常に利便性の高い仮想通貨と言えるでしょう。

モナコインは、ネットで動画やコンテンツの利用者が製作者にお金を払う「投げ銭」に対応しているのも特徴のひとつです。日本だとネットの投げ銭は円で支払うことが多いですが、「Monappy」や「tipmona」といったモナコインで投げ銭ができるサービスも登場しています。

投げ銭に対応している仮想通貨は少なく、現時点ではモナコインをはじめ、BitZeny、XEM(ネム)、Verge、Swiftsくらいです。これから増えていくかもしれませんが、日本のネット投げ銭ではモナコインが先陣を切っています。

また、モナコインは世界に先駆けてsegwit(Segregated Witness)を実装した仮想通貨です。採用投票によって賛成率75%を達成し、アクティベートされることになりました。

モナコインのこれまでの動き

2017年7月16日に最初の半減期を迎える

出典:モナーコインのチャート
出典:モナコインのチャート

モナコインが誕生したのは2014年1月1日です。ビットコインが誕生したのが2009年1月のことなので5年後になりますね。

2014年1月に誕生してから約3年半後の2017年7月16日、モナコインは最初の半減期を迎えました。仮想通貨の半減期は、マイング報酬が半分になることです。

モナコインは発行上限枚数が1億512万枚と決まっていて、 1,051,200ブロックごと(約3年)に半減期を迎えます。モナコインが誕生したのが2014年1月1日なので、2017年7月16日は最初の半減期です。

モナコインやビットコインのような仮想通貨は、マイニング(採掘)によって新規コインが発行される仕組みになっています。逆に言えばマイニング以外では新規コインでは発行されないため、購入以外で手に入れるにはマイニングに参加するしかありません。

半減期を迎えると発行されるコインの量が減るため、コインの希少価値が高まり価格の上昇する傾向があります。モナコインも半減期前から価格が上昇しはじめ、半減期を過ぎると落ち着いていきました。

2017年10月に700円、12月に2,000円を突破

モナーコイン-700円

モナコインは半減期前に高騰し、半減期後に落ち着きましたが、それから約3ヵ月後の2017年10月13日に700円を突破しました。これまでは100円以下で推移していましたが、10月には一気に700円まで高騰。

モナーコイン-2000円

さらに、同年12月4日には1,000円を突破し、翌12月5日には2,000円を超えを達成。これは資産が200億円あるといわれる有名な投資家のCIS氏がモナコインを発表した直後の値動きで、氏は1,000万円ほど購入したとのことです。

急騰後は価格が下降していきましたが、CIS氏がモナコインを購入したことは価格にかなり大きな影響がありました。CIS氏は投資ではなくネタとしてモナコインを購入したそうですが、有名な投資家が購入したことで注目度が高まったことは間違いないでしょう。

アトミックスワップに成功

2018年1月21日、モナコインはアトミックスワップ(Atomic Swap)に成功しました。実装したのは日本人だそうです。

アトミックスワップは取引所の仲介なしで仮想通貨の取引ができる仕組みで、取引速度の上昇や持ち逃げされるリスクを軽減できるといったリスクがあります。これまでビットコインやライトコインがアトミックスワップを成功させており、モナコインはそれらの人気の仮想通貨と並んでこの仕組みを成功させました。

大手仮想通貨取引所のコインチェック社が580億円ものネムを流出させたとして大きな騒動となったことを受け、今後は取引所を介さずに取引できるアトミックスワップの注目度が高まるかもしれませんね。

国産の仮想通貨・モナコインの今後に要注目

モナコインは、以下の取引所で取り扱いがあります。

・Zaif
・ビットフライヤー
・ビットバンク
・ビットトレード

まだ取り扱っている取引所は少ないですが、一時2,000円を超えるなど注目度が高まっています。ネーミングからネタ的な仮想通貨に思われがちですが、Segwitのアクティベートやアトミックスワップの実装など、新技術を積極的に取り入れている仮想通貨です。

ビットコインと比べると世界的な知名度はまだまだ低いですが、技術的にも伸びしろがある仮想通貨と言えるでしょう。

モナコインの口コミ・評判

初の日本国産であり安心感とポテンシャルが高い仮想通貨

なんといっても日本国産の仮想通貨という点が大きな取引理由です。仮想通貨の多くは投機目的で扱われることが多いですが、モナコインは仮想通貨という名ながら既に実社会でも使用できるサービスが豊富にそろっています。コミュニティ力が高いので成長する仮想通貨の一つと見ています。国産仮想通貨ということもあり、投機目的にしろ、実社会でのサービス拡大にしろ、日本国内での取引量は今後確実に増えていくと思います。現在はまだまだマイナーコインながら今後の将来性はとても高く、日本での取引量が増えるに従って、日本というプレミアムが付き信頼が増したモナコインは世界の取引所でも扱われることになる仮想通貨の一つに成長すると思います。(30代/男性)

オタク界隈からの人気があるため将来性があると思う

モナコインは、アルトコインの一種とされており、気になっていました。モナコインについて調べると、別名オタクコインと言われており、オタク経済圏での決済が進んでいることが分かりました。特定の分野における決済通貨としての地位を目指しているため、他の仮想通貨には無い特徴があると思いました。オタク経済圏はものすごいオタク達の熱量があるため、モナコインは伸びると思い、購入を決めました。モナコインの場合、決済におけるSegWit技術が備わっているため決済スピードに優れており、ビットコイン等と交換しやすくなるアトミックスワップ技術が施されており、信頼に繋がる仕組みがあります。今後も激しい値動きは予想されますが、着実に成長していく仮想通貨でしょう。(20代/男性)

モナコインは日本発の仮想通貨であり先行指標的な著名人からも評価が高いため信頼できそう

モナコイン2014年の1月にスタートしていますのでまだ4年の歴史しかない仮想通貨です。私自身が投資に関するベテランというわけでもありませんのでモナコインとビットコイン以外ではさほど大きな取引をしていませんがビットコインを取引していて値動きの荒さに驚愕したことや、ビットコインのこれから急成長を始めるとも思えなかったこともあって、資産の移行先を探していたところモナコインに行き着きました。最初の発端はホリエモンこと堀江貴文氏が積極的に投資しているということだったので自分でも調べてみたところ開発と通用に顔の見える日本人が大きく関与しているし既に日本国内の通販サイトでもビットコインと並んで決済に使われているということがわかりました。秋葉原オタク系の活動というのは常に日本のサブカルチャーの中心であったし、小規模ながらそこでの決済に使われているということが分かって安定さを感じました。私が最も魅力に感じたのは決済を行う場合の送金スピードがビットコインの8倍と言われていることです。実際に街中の店舗などで支払いにビットコインを使うと10分ほどかかりますから若干ストレスを感じることが多いです。モナコインは決済に要する時間が90秒と言われていますので、時が経つにつれてこの強みが発揮できて相場的にも上昇するのではないかと期待しています。日本製の仮想通貨ですので、取引所に関する不安もありませんし少しずつ買い足していって長期的な利益を出してくれそうです。(40代/男性)

モナコインは、国産の有名な仮想通貨なので取引をしました

モナコインで取引をしようと思った理由は、国産の仮想通貨だからです。国産品を応援したい気持ちがあり、この仮想通貨の購入を決めました。応援をしたい気持ちの他にも、この仮想通貨は、ユーザー同士で盛り上げるための活動が、他の仮想通貨に比べて活発化しているように感じます。そこに、魅力を感じました。例えば、過去にゲーム大会の賞金としてもモナコインが使用されたことがあります。そして、無料でモナコインを配布し会う掲示板もあります。monappyではモナコインを支払うことによって、使用できるコンテンツがあります。モナコインはこれから上がると思っています。モナコインは、ユーザーに愛されています。今現在は認知度が低いですが、認知度が高くなれば、多くの人がこれを購入するようになると思います。(20代/女性)

bitflyerで取り扱われるようになったときに、価格がとても安かった

友人のすすめでbitflyerを使うようになり、入金したタイミングで急に価格の安い通貨が現れたと思ったのがモナコインでした。私自身、非常に小額から取引を行い始めたので、手を伸ばしやすく、使い勝手のいい通貨でした。後から気になって調べてみると、日本製の仮想通貨でビットコインよりも技術的に優れている面が多々あるという事実に驚き、手を付けてみて良かったなと思ったのが正直なところです。現在は市場全体の下落の波に飲まれて価値が落ちていますが仮想通貨の根本的な信頼がちゃんと確立してくる頃には、その値段の安さから、買いに走るトレーダーが多くなってくるのではないかと予想しています。今現在、仮想通貨の投機活動は行っていませんが、また波がこれば、是非ともモナコインを活用していきたいと考えています。(20代/男性)

おわりに

ここまでお読みいただいた方は、モナコインという仮想通貨に少しは興味を持っていただけたのではないでしょうか?

2017年はモナコインの価格が大きく高騰した年ですが、まだまだ値上がりする可能性を秘めています。ビットコインキャッシュやリップルといった人気の仮想通貨だけでなく、国産のモナコインの動向にも注目してみてくださいね。

Pocket

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます